携帯電話の2Gと3G、どちらで契約した方がいいの?

ソフトバンク オンラインショップ
新規契約・機種変更・MNP・付属品購入ができます。


 2Gと3Gについて

 最近携帯電話の用語で2Gと3Gというをよく聞くと思います。
GはジェネレーションのGで第二世代携帯電話と第三世代携帯電話の略です。

ドコモの場合はFoma、ソフトバンクではSoftBank 7xx〜9xxシリーズ、(vodafone 7xx〜9xxシリーズなどもあります)、auではWINシリーズが3Gにあたります。

movaなど、SoftBank 2xx〜6xxシリーズ、(V1xx〜V6xxシリーズなどもあります)、auではCDMA 1Xシリーズ(これは2.5Gと呼ばれるそうです)は2Gとなります。

3Gの主な特徴としては、「高速データ通信」・「国際ローミング」が可能な点です。
サービスとしては、「パケット定額制」・「テレビ電話」・「電話番号を替えずに海外で使用できる」などがあります。
現在、各社とも2Gから3Gへの移行を促進している最中ですので、これから契約する場合は通常3Gで契約する人が多いと思います。
ただ、2Gの方が電波の入りが良いという地域の人や3Gの高性能端末が使いこなせないなどの理由で2Gを利用・契約する人もいる人もまだまだいます。





 携帯電話料金比較ナビTopへ